2017年5月28日日曜日

「AndroidWear2.0 ハンズオン」を開催しました

こんにちは。中倉です。

最近徐々にAndroid Wear2.0を搭載した端末が発売されるようになり、Wear1.x搭載端末に対してもアップデートが配信されるようになりました。
Wear2.0からは、スマートフォンなしのWear端末単体だけでも動作するにようになるなど、着実に進化しています。

ということで今回は「AndroidWear2.0 ハンズオン」を開催しました。


登壇者はGDG神戸の中谷さんです。

自身で公開されているアプリをWear2.0に対応させた経験を踏まえ、ComplicationProviderやWatchFaceの作成をレクチャーしてくださいました。

Android Wearについて説明を受ける一同

1.xでは、利用しているWatchFaceアプリ内で提供される情報しかWatchFaceに埋め込むことができず、WatchFaceに自身のアプリの情報を表示するにはWatchFaceごと作る必要がありました。

これは開発者にとって面倒ですが、ユーザーにとっても「WatchFaceのデザインはコレがいいけど機能はアレの方がいい」といった問題をもたらします。
2.0からはComplicationDataとWatchFaceに分けて開発することができ、ユーザーはデザインと機能をそれぞれ自分で選んで利用できるようになりました。

私自身、今回のハンズオンで初めてWear2.0アプリの開発を行ったのですが、Androidアプリの開発を行っている人であれば、自身のアプリの情報をWatchFaceに埋め込むというのは手軽に行えるだろうなと感じました。

アプリの付加価値として是非試してみては如何でしょうか。




2017年5月27日土曜日

「Google I/O Extended 2017 Kobe」を開催しました

こんにちは。嘉多です。

Google I/Oのキーノートをリアルタイムで見るイベント、Google I/O Extendedを 5/17夜 〜 5/18朝 に開催しました。
今回はスタッフ含め8名の方にお越しいただきました。

キーノートまでの時間はボードゲームで楽しんだり、技術について語り合ったり、各々交流していました。

Oculusを調整中の野田さん
GDG神戸オーガナイザーの野田さんがOculusを持参してくれました。
写真を撮り忘れていたのですが、他の方もVRを楽しんでいました。
決して野田さんがひとりで向こうの世界に行ってしまっていたわけではありません。

ピザを食べながら自己紹介
自己紹介ではLTをする方もいらっしゃって、みなさん聞き入っていました。

Minecraftでプログラム中の一同
夜子ままさんが製作された、Minecraft上のキャラをプログラムで動かせるWebアプリで、ちょっとしたもくもく会が開催されました。
JavaScriptでキャラの動きやどんなブロックを置くかなどをプログラムします。

野田さん持参のすぐ死ぬ鬼畜ボードゲーム




いよいよ始まります。

GoogleCEO ピチャイ氏のプレゼンに聞き入る一同

次々と発表されていく情報について語り合いながら、時間が過ぎていきます。
AndroidのKotlin正式サポートにざわめきつつ、夜が明けました。

こうして集まってリアルタイムで見ているとさまざまな立場から語り合うことができ、次に何が発表されるかというワクワク感があって楽しめます。
次回もぜひたくさんの方にご参加いただければ幸いです。

会場は夜子ままさんの「プログラミングスクール8x9」をご提供いただきました。
4Kディスプレイで会場の様子を高画質で見ることができました。(配信も4Kで行われていた?ようですね)
普段は子供向けプログラミングスクールをされていますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

2017年3月13日月曜日

「AndroidThings」の勉強会を開催しました


こんにちは。 GDG神戸の中谷です。

3/11「AndroidThingsでIoTやってコレジャナイ感のものを作らないための勉強会」を開催しました。
 本イベントは「関西おうちハック様」と共催で行いました。
 場所については、「共立電子産業株式会社様」にご提供頂きました。
今回の勉強会は、AndroidThings(Preview2)のOSを書き込んだボードを各自持込み
チームビルディング・アイデア出し、組み込みと、ちょっと緩めのハッカソンのような形で行いました。

ホワイトボードでアイデア出し

今回のチームは、A/3人,B/4人,C/3人のチーム分けで行い
 Aチーム
  布団の中から証明のON/OFF
 Bチーム
  ゴミ捨て場にカラスが来たら何らかの通知方法で通知する
 Cチーム
  VR

とふわっとしたテーマで行いました。
結果的には各チームとも当初の目的と少しずつ外れた(笑)ものになりましたが、
各チームともにAndroidThingsの特性である様々なセンサー類との連携や
クラウドAPIとの連携等、当初目的としてた「IoTらしいものを作る」ということが
達成できたのではと思います。
 

最後はみんなで各々のチームが作ったAndroid Thingsのアプリを発表と懇親会を兼ねた時間で、各々の課題点や等を語り合いました。

おうちハックの小菅さんが書かれた本もじゃんけんゲームでご献本頂きました!
今回はAndroidアプリ側を作っているメンバーと、センサー類を触られている組み込みのメンバーが混在していましたが、下記のような声が上がりました。
 アプリ側からは
  センサー類がAndroidのJavaで簡単に扱えるのは嬉しい
  既存のアプリ資産が流用できる
 組み込み側からは
  センサー類を扱うコードがすごく簡単にかける

AndroidThingsはまだPreviewのものですが、今後より良いOSとなってローンチされると組み込みメンバーとAndroidアプリメンバーの連携も深まりよりよいサービスが作れるのではと感じました。

参加してくださった皆様ありがとうございました。
最後にはなりますが改めて場所をご提供頂きました共立電子産業株式会社様ありがとうございました。

2016年12月11日日曜日

「Angular2勉強会」を開催しました

こんにちは。GDG神戸の嘉多です。

12/10に「Angular2勉強会」を開催しました。
会場は日本マイクロソフト様の関西支社セミナールームをお借りし、45名の方にご参加いただきました。



まずは日本マイクロソフト株式会社 テクニカルエバンジェリスト 井上 章 様にご登壇いただきました。
TypeScriptのセッションで、Visual Studio Codeを使うことでエディタ上でデバッグが可能になったり、リアルタイム型チェックや補完が可能になるなど、TypeScriptとVisual Studio Codeの組み合わせの魅力をご紹介いただきました。

Angularの開発はMicrosoftとGoogleが共同で行っており、お互いにやりとりしながら作っているという意外なお話も聞くことができました。


続いて Developer Advocate at Google Rob Wormald 様、Keith Hall 様にご登壇いただきました。
Angular2のセッションで、Angularを使うことでいかに可読性が上がるか、生産性が上がるかということをご説明いただきました。


完全英語でのスピーチでしたのでびっくりされた方もいらっしゃったかもしれません。
かくいう私も「document.writeを書かなくてもHTMLを出力できるんだ!」という部分以外は完璧に聞き取れているフリをしてごまかしました。

とはいえライブコーディングしながらご説明いただいたので、AngularとTypeScript、Visual Studio Codeの魅力は存分に伝わってきました。
特にモデルバインディングやイベントバインディング、DIが便利で、普通にJavaScriptやjQueryを使って書くと煩雑になりがちなコードも体系的に整理することができ、より簡潔に記述できるフレームワークであることが分かりました。


休憩をはさんでいよいよハンズオンです。
ng-kyoto 奥野 賢太郎 様にご登壇いただき、Angular + TypeScriptでハンズオンを行いました。

メンターの 今井 様と pastelInc 様にもご協力いただき、疑問があればいつでも尋ねられる環境でした。

ところどころで足並みを揃えるポイントが用意されていて、疑問点を放置せずきちんと理解できる素晴らしいハンズオンでした。

日本マイクロソフト様から
アポロチョコレートの差し入れをいただきました

全社員が Azure 提案を行う特別な2日間 #iamAzurenaut
と書かれています

日本マイクロソフト様には会場をご提供いただいたばかりか、
飲み物までご用意していただきました。
本当にありがとうございます。

今回の登壇者とスタッフです


ご登壇者の皆様、日本マイクロソフト様、そしてご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

Thank you very much for all presenter and audience!


GDG神戸ではさまざまな勉強会を開催しています。
https://gdgkobe.doorkeeper.jp/
Doorkeeperにご登録いただければイベント追加時にメール通知を受け取ることもできますので、ご興味がございましたらぜひご覧ください。
各勉強会は1回で完結のものが多いので、新たにご参加いただく方もご安心ください。

2016年11月30日水曜日

「DevFest Kansai 2016」を開催しました

こんにちは。GDG神戸の中谷です。

11/27に、5コミュニティ合同で、「DevFest Kansai 2016」を開催いたしました。
この5コミュニティとは、以下の5つのコミュニティです。

・ GDG京都
・ GDG神戸
・ KyotoGAS
・ GCPUG大阪
・ Kansai Users' Group of Golang

今回、場所はMOTEX大阪様にお借りして開催いたしました。
GDG神戸としては久しぶりに朝から夕方までの一日通しての勉強会です。
MOTEX様のとても広い会場をお借りしました!

午前中は基調講演としてGoogleより3名の方にご講演いただきました。

Google Inc デベロッパーリレーションズ プログラムマネージャー
鈴木 拓生 様
主にFirebase関連を中心にお話されていました

Google Inc デベロッパーリレーションズ デベロッパープログラムエンジニア
荒木 佑一 様
主にAndroid 7.0 , 7.1 Nougatの話が中心です

Google Inc クラウドプラットフォーム デベロッパーアドボケイト
佐藤 一憲 様
そして最後は、機械学習・GCPの佐藤さんのお話

基調講演はあっという間に過ぎていきました。
お昼休憩まで少し時間が空いたため、急遽鈴木さんから、質疑応答の時間に。
非常に答えづらい質問が多かったですね(笑)

そして午後からは、3会場に分かれての、セッションとなりました。
本ブログでは、全てではなく幾つかのセッションを取り上げます。

13:00-
会議室A 公募枠セッション 白山 文彦 様の
Firebase for Androidを活用したアプリ開発入門セッションです。

Firebaseを中心に作られたデモのメッセンジャーアプリを使いながら、
Firebaseの各機能(Analytics,Crashreportを中心に)の紹介及び、具体的な
実装方法についてご説明されていました。

結構量が多く、少し駆け足気味に進んでいきました
本セッションでは本運用アプリに近いような話も多くあり、実装したくて二の足を踏んでいるような方にとっては特に参考になったのではないかと思います。


14:15-
シアタールーム
シアタールームは、Androidのセッションです。
有限会社シーリス 代表 有山 圭二 様と
Google Inc デベロッパーリレーションズ デベロッパープログラムエンジニア
荒木 佑一 様にご講演いただきました。

まずは有山様のBack to the Custom Viewより。

有山様といえば、本を書けばバージョンが上がる方として有名ですね。
まずはその話から始まり、AndroidのカスタムViewの話に入ります。
カスタムViewはそもそもとして、それはカスタムViewにしないといけないの?
今のレイアウトファイルのプロパティで調整できるのでは?と言うような話に始まり
実際カスタムViewを使わないといけないときは何処をどう気をつけるべきかと
すごく実践的な内容でした。

書籍を出せばバージョンが上がることで有名な有山さん

次の荒木様のセッションは、なんと「動かす」という何やら色々と想像を掻き立てるようなタイトルでした。
実際の話しは、AnimationにまつわるViewを動かすという話でしたが、AnimationとAnimatorの違いや、TransitionAPIの話等が有りました。
AnimationはAndroidでは特にMaterialDesignを採用されたLollipopからより強調されるようになってきていますが、皆様の実装に役に立つ内容だったのではないかと思います。
今回デモアプリを作られていてスクリーンに表示し、操作されていました。
スクリーンが手元の操作端末とかなり離れており、
アプリ内のカーソル操作にかなり苦労されていました


15:30-
会議室A Daydream(GoogleVR) 岩田 宗一郎 様の
テクスチャで魅せるVR向けアセット制作セッションです。

岩田様のセッションは、主にグラフィック関係(3D)の話でした。
VRでオブジェクトを描画する場合はいかに処理を軽くするか。ただ軽くするとトレードオフとして画質やリアリティなどもちろん落ちてしまう。
そういうデメリットの分をいかに軽量処理でうまく見せるかというような話がありました。
今後VRでゲームを作りたい!と思っている人にはすごく有用だったのではと思います
グラフィック、特に光や、テクスチャの話がメインでした
次に、GDG神戸 野田さんより
タイトル
「モバイルVR「Daydream」について」ということでセッションです。
Daydreamとはなんであるか、今回はUnityでGoogleVRを実装する方法や
VRコンテンツでいかに酔いを少なく作成するかなどの話がありました。
もちろんコミュニティの紹介も忘れません

16:45-
会議室A 公募枠セッション
kinneko 様より「Cardboardは日本人向きじゃない!メガネでも使えるJAGOVISORの紹介と日本Androidの会VR部・金沢支部の活動」のセッションです。

kinneko様の話は、特にVR物理デバイスを色々作成されていて、どのVRデバイスがどういう理由で好評、または不評だったかという話がすごく参考になりました。
今後VRデバイスが流通していく中で、どのようにユーザーに心地よくVRを使っていただけるかということの参考になったのではないかと思います。
Googleさん(日本)で特にVRに力を入れてほしい!と力説されていました

そして、最後はLT大会です。
今回のLTは10名の申し込みの中で10名全て枠が埋まりました。
応募くださった皆様ありがとうございました。
全体的にはモバイル(Android)が多かったような印象を受けましたが、CloudVisionAPIや機械学習、FirebaseTestLab等の話もありました。

CloudVisionAPIの活用例
Firebase Test Labの話です
私も7.1 MR1のAppShortcutについてお話しました


と長丁場ではありますが、丸一日皆様お疲れ様でした。
今回は、関西5コミュニティ合同ということで大きめの会場をお借りして、多くの方にご登壇いただきました。
ご登壇頂いた皆様、本当に有難うございました。
この勉強会で得た知識や人脈などが、今後の皆様の活動において少しでもお力になれば幸いです。

また最後になりますが、この会場をご提供いただいたMOTEX様本当にありがとうございました。

Thank You!. All presenter and Audience
See you next time!

今回対応したスタッフ総勢です

2016年11月12日土曜日

KOF2016で「モバイルVR「Daydream」でVRの世界にふれてみる」を開催しました


こんにちは。 GDG神戸の中谷です。 

11/12に「モバイルVR「Daydream」でVRの世界にふれてみる」を開催しました。
 本イベントは関西オープンフォーラム(KOF)2016のセッションの一つとして行っています。
 本イベントでは、20名ほどの席をご用意していたのですが、当日立ち寄っていただいた方も多数いらっしゃいまして、立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。(お席がご用意できなくて申し訳ありませんでした)

多数の方が立ち見の状況でした

今回はGDG神戸の野田さんが、スライドを用いて話すというセッション方式で行いました。
時間はおよそ50分程度だったこともあり、Unityの深い内容の話をせずに、
VRとはなにか、VRで気をつけることは?などのDaydreamでアプリを実装する際に
気をつけるようなことを重点的に紹介していました。
あとはUnityでGoogleVRを実装するにはどのようにすれば出来るかという話も紹介していました。

VRの説明をする野田さん


VRというのは話や動画などでは若干わかりにくいもののためも結構反応が鈍かったように
かんじました。
これはVR関係の勉強会を開催していく上で今後の課題かなと思います。
ただ、今回のセッションを通してVRコンテンツを作成するための勘所や、注意事項など参加者の皆さまがVRにのめり込んでいただくための重要な情報を共有できたのではないかと思っています。

参加してくださった皆様ありがとうございました。


2016年9月11日日曜日

「GDG神戸Android Nougat(7.0)勉強会」を開催しました

こんにちは。
GDG神戸の中谷です。

9/10に「GDG神戸Android Nougat(7.0)勉強会」を開催しました。
本イベントはGDG神戸 x ヤフー株式会社様の共催で行っています。
会場はヤフー株式会社様で、およそ30名ほど参加してくださいました。



今回は、外部スピーカーの方3名と、GDG神戸のメンバー1名のスピーカーがセッションを行うという形で勉強会を行いました。

まず最初の登壇者はGDG神戸の野田さんから「DaydreamではじめるVR」のセッションがスタート。

まずはVR酔いの説明から始まり、VRでゲームを実装するにはどういうことに注意して実装するのかという説明がありました。
その後UnityでどのようにしてGoogleVRを実装するのか、またコントローラの実装方法などをデモを交えて、説明されていました。Daydreamがいかに簡単に組み込めるのかというところを感じていただけていただけたのかなと思います。

VRについて熱く語る野田さん



次のセッションはGoogleの荒木さんから「サポート ライブラリを支える技術」という題目で話がありました。

まずはどうやってサポートライブラリを開発するのか(リポジトリを取得してビルドする方法)や荒木さん自身がどのライブラリを開発担当されているかなどの話がありました。
今回特にView,Animation周りの話をしていただき、「とにかくレイアウト処理が発生することを極力抑える」ことがとても大切であることについては皆さん特に感じられたのではないでしょうか。
またCoordinatorLayoutのView Inset、Anchorの話など、中々外では聞けない話がたくさん聞けたセッションでした

所々で、笑いが起きるネタの仕込まれた?セッションでした


次に休憩をはさんだのですが、休憩時はヤフーさんから飲み物とお菓子の提供があり、皆さんすごくリフレッシュされていました。

休憩終了後はヤフーの毛受さんからAndroid Nで追加されたマルチウィンドウの機能についてのセッション「Android Nougat Multi Window
マルチウィンドウの種類が3種類あること、マルチウインドウへの対応方法や、実は対応していなくても呼ばれ方次第でマルチウインドウで動作してしまうなどの細かい動作の話をしていただきました。
また質疑応答では、フリーフォームの端末ってどれがあるの?マルチウィンドウ時の画面レイアウトの変更など色々な質問が上がってきて、活発な質疑応答となりました。
Multi Windowでは呼ばれ方なども意識が必要なようです

最後のセッションは、C-LISの有山さんから「がんばらないAndroid Studio」のセッションです。

今回は、AndroidStudio2.2でいかにカスタマイズせず、またプラグインなどを利用せずに利用できる便利な機能をライブコーディングでご紹介いただきました。
特にInstantRunで変更される速度の速さや、APKAnalyzerの話など今すぐ役に立つ話がたくさんありました。
片手にマイクを持つというハンデをおいながらライブコーディングする有山さん

すべてのセッションが終わり、懇親会もヤフーさんでご用意いただきました
(ホントありがとうございます。。。)
  

今回は、Android Nougatリリースに合わせた勉強会で、今すぐ使える技術として
Android Nougat
Android Design Support Library
Android Studio
GoogleVR
の4つの技術をスピーカーの皆様にご紹介いただきました
スピーカーの皆様ありがとうございました!
そして、会場をご提供いただいたヤフー様ありがとうございました。

最後にGDG神戸では珍しく記念撮影をいたしました。